2012年05月29日

遊びの日「つめて遊ぼう!2012」が開催されました。


5月13日(日)東毛青少年自然の家で、遊びの日「つめて遊ぼう!2012」が開催されました。
「○○○して遊ぼう!」企画のディキャンプは継続8回目を迎え、今年もたくさんの方々に参加していただき、楽しく野外活動を行う事ができました。

今年は「手作りソーセージ」「野外レクレーション」を行いました。
手作りソーセージでは、羊の腸を使い本格的に行い、子ども達が肉を練り上げ、大人たちが腸詰めの準備を行うなど親子での共同作業。

ソーセージ作りでは、衛生面には特に注意が必要で使用する器具への消毒、手洗い後の消毒など、細心の注意を払いました。ソーセージ作りは約1時間で腸詰めまで終わり、ソーセージをボイルしている間に「つめて」をテーマに野外レクレーションを行いました。

今年は昼食後にも野外レクレーションの時間を作りました。そして、今年はちょうど開催当日が「母の日」だったので、お母さんへのサプライズ企画を子ども達と企画し喜ばせることに成功しました。私たちは気軽にサプライズが出来れば良いと考えていたのですが、子ども達は真剣にお母さんへのプレゼントを作成している姿が感動的でした。

今回、ソーセージ作りを通して日ごろはあまり気にしていない衛生面に重点をおくことにより、普段では見えない注意点が分かったことがスタッフとしての発見でした。
また、参加者に頂いたアンケートの内容を見ると、「次回も参加したい」「楽しかった」など成功を確かめる事ができました。

スタッフの反省をまとめ、次へのステップへ発展できるようにスタッフ一同、次回に向けて励んでいくことを目標にしていきたいと思います。


フォーマット変換_サイズ変換_120513_0011.jpg
posted by 管理人 at 11:10| Comment(0) | キッズプログラム委員会 | 更新情報をチェックする